12月 15

恥ずかしがり屋なテレセ利用者には

今でこそ、出会い系サイトやツーショットダイヤルと言ったような通信環境を利用した出会いツールは当たり前のように受け入れられつつあり。
そういうものに手を出す人は老若男女問わず非常に大きな層を持っているものではありますが。
それに対して、使っている自分が恥ずかしいと思っている人や強い欲求を持っている女は嫌われるのではないかと思ってる人もいるんですね。
そういうタイプの女性は、電話口などでもいかにも自分はその気がないそぶりというか遊びで参加しているからどっちでもいい、なんてスタンスを取りやすいんですよね。
逆に言えば、そういう気持ちをひた隠しにしようとして強気な態度をとったりするような女性は実は本心では男性の癒しを渇望していることが多いんです。
そもそも、出会いなどに興味がなければそもそもツーショットダイヤルなんか使わないでしょうからね。
あくまで、相手の図星は突かずにこちらから相手に対する出会いの欲求を積極的に出すように攻めるといいでしょう。
相手に、まずツーショットダイヤルのようなものを利用しているのは恥ずかしくないと思わせること。
そして、男に言い寄られたという状況を作ってやることで相手に受け入れやすい空気を用意するわけなのですね。
人は、誰しもが癒しというものを求めているのではないかと思います。
特に、何かあった時やつらい事があった時なんかにはより人に縋って見たくなるという物。
私は、数年近く付き合っていた恋人がいたのですが彼氏が実は浮気をしていたという事が発覚してそのまま破局に。
結構心にこたえる失恋でしたので、いつまでも引きずり日常生活にまで支障をきたすほどになってしまいました。
何とかしないと、と私がその時インターネットの掲示板で見つけたのがツーショットダイヤルというものでした。
新しい恋に、なんて事はちょっとまだ踏み出せはしませんでしたが別の異性と仲良くすることで寂しさを紛らわせようとしてみました。
顔を合わせて喋らなくてもいい、という事も気軽さを手伝っていてこれくらいなら気晴らしになるかと思ったのですが。
効果は、気晴らしどころではなく予想以上に癒しを私にくれました。
その時お相手してくれた男性はとても優しくて、初めて話す私の愚痴や弱音を全部聞いてくれて。
辛かったね、と慰めてくれるとても優しい男性でした。
このままただ愚痴を聞かせるだけ、なんていうのはあまりにも相手に悪いのでテレフォンセックスのお相手をさせて頂いたのですが。
それも結局私の方が一杯満たされてしまいましたね。

12月 15

誘導上手なテレセ利用者

会話の上手な人、というのは本当に上手いこと自分の思う通り相手を誘導するんですよね。
ツーショットダイヤルのような、インターネットなどを利用して知らない異性と会話を楽しんだりするようなものを使って。
異性との対話を楽しんでいると、中には本当にそういう会話の誘導が上手な人が居て思うままに流されてしまうんですよね。
私が、経験した出会いの中でも特に印象的だったのが声が低くてよく響く素敵な方だったのですが。
フランクな話し方と柔らかな口調の印象もあって、とても優しそうな男性というイメージを持っていました。
そんな男性が、たまに会話の中でどんなエッチが好きかとか舐めるのと舐められるのどっちが好き?というようなエッチな質問を投げかけてきたんですよね。
段々、質問が今度は私のしてほしい事をおねだりするように優しく促すようなものに変わっていって。
最初は恥ずかしくて戸惑っていたのですが、彼の甘い声で時々誘惑されるような事を言われると。
本当にほしくなってしまって、電話口だというのに本気で彼のアソコをほしいと思ってしまいおねだりしてしまったのです。
そのままテレフォンセックスでたっぷり何度もおねだりをさせられて声だけとは言えハメ倒されてしまいました。
恋人が居たり、結婚していたりして特定のパートナーが居ても時々人によっては別の異性とも関係を楽しんでみたいと思うもの。
しかし、浮気や不倫のリスクというのは非常に高くポンと手を出せるような物ではありません。
しかし、そういう欲求は抑えれば抑えるほど抑圧されて大きくなってしまうものでどこかで小出しにしないと爆発してしまいます。
そんな時、低リスクかつ実際に体を結ぶわけではないので浮気にもなりにくいというのがツーショットダイヤルを利用した物です。
あくまで、ツーショットダイヤルというのは通信上の会話で成り立つ物でありバーチャルの世界の物なので。
厳密には、セックスをしているわけでもなければ顔を合わせたりデートをしているわけでもないので浮気にはカウントされませんし。
何より、そうしている事がバレることはまずないという大きな利点があります。
私は、結婚してもう10数年たつ身ではありますがやはり妻を女として意識し続けられるかというそれは難しく。
妻は家族、そして別にツーショットダイヤルを使って若い女の子との疑似恋愛を楽しむという生活を続けています。
欲望を小出しにする事で、生活にも張りが出ますので結局夫婦関係も円満のままなのです。